料理キット定期宅配の「TastyTable」、ANRIとフリークアウト佐藤氏より総額7千万円を調達

by SuzukiSekiko SuzukiSekiko on 2017.5.15

IMGP3786
ブレンド代表の田尾秀一氏

ミールキット「TastyTable」を運営するブレンドは5月15日、ANRIとフリークアウトの代表取締役を務める佐藤裕介氏(個人)を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額7千万円で、株式比率や払込日などの詳細は非公開。

「TastyTable」は毎週1回、自宅に料理キットが届く定期宅配サービスで1食2人分を約3500円程度で利用できる。北海道・四国・九州・沖縄を除く各都府県への配送が可能。同社に問い合わせたところ、現在150レシピを保有しており10〜20食分のレシピを常にストックする形でレシピ数を増加させていく予定とのこと。

c5123f99-afde-4f6a-ad8b-5d21ce548047
TastyTableで届く食材を使ったレシピ(画像:同社サイトから)

食材は仲卸業者や仕入れ業者から確保して自社で梱包をしている。利用ユーザー数が増加してきた場合に提供コストの拡大が考えられるが、これに対しては「取引業者を増やすことでの食材の安定供給や小分け加工の内製化、生産者への直接取り引きを考えている」(同社広報)とのことだった。ちなみに配送に関しては内製化の見通しはないとも回答していた。

今回の資金調達によりアプリ開発やシェフ監修のレシピコンテンツの拡充、食材ルートの開拓を目指す。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------