社員教育のナレッジシェア「TANREN」がティーガイアと資本提携を発表、中古車売買ガリバーも全店舗導入 #IVS10

SHARE:

2017-06-07 8.51.05

本稿は6月6日〜7日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobeの取材の一部。

ビジネスナレッジの共有アプリ「TANREN」は6月6日、神戸で開催されているInfinity Ventures Summit 2017 Spring Kobeに登壇し、モバイル・テレコミュニケーション事業を展開するティーガイアとの資本提携および直営店288店舗への導入を発表した。

同サービスは営業ノウハウや業務フローを動画で撮影して共有できるアプリ。アプリ上の動画には評価やコメントが可能でナレッジ共有のほか、社内研修やプレゼン大会といった活用ができる。同社代表の佐藤勝彦氏に今後の展開について聞いたところ、下記のように回答してくれた。

「今までの営業獲得の粗さや消費者クレームは、従業員の商品知識や説明スキル不足から発生していました。これらを解決するためにつくったのがTANRENです。アプリ上で社内教育を実施することで業種問わず、社員スキルの向上を低コストかつフラットに実現したいと考えています」(佐藤氏)。

同社は中古車売買のガリバーを運営するIDOMの国内直営店236店舗への導入も併せて発表しており、現在約2万ユーザーを獲得している。今後はホテルや旅館、ハイブランドなど接客力がキーとなる業界へ横展開をしていく方針。

 

----------[AD]----------