中国のバイクシェアリング大手Mobike(摩拜単車)、Apple PayとiPhone カメラのサポートを発表——グローバル化へ向け加速

by TechNode TechNode on 2017.6.13

中国の Mobike(摩拜単車)と競合 ofo(小黄車)の間における自転車レンタルサービスをめぐる戦いは依然続いており、終わりが見えない。両社は自転車の所有数とテクノロジーに関して、本拠地中国のみならず他国においても全面戦争を展開している。今、両社はユーザエクスペリエンスに照準を合わせている。

昨日(6月6日)Mobike は Apple との提携を発表し、iPhone ユーザの Apple Pay による支払いと、iOS 11の iPhone カメラで QR コードをスキャンすることで Mobike の自転車の開錠が可能になった。これは、同社のユーザエクスペリエンスを向上させ、鋭敏な競合らの先を行くための取り組みの一環だ。

Apple Pay は同社が Alipay(支付宝)と WeChat Pay(微信支付)に続き3番目に承認した決済方法である。携帯電話の Mobike アプリを最新版の iOS 5.0 にアップグレードすると、国内ユーザはアプリ内の Apple Pay を使用して Mobike アカウントへのデポジットやトップアップができる。

モバイル決済サービスの Apple Pay が世界中で好評を博していることからも(ただし中国においては、 Apple Pay は注目に値しないものとしてその評価は低く、2017年第1四半期の中国モバイルペイメント市場においてトップ10にも入らなかった)、Apple Pay 機能の新たなサポートは Mobike のグローバル化を後押ししていくものだろう。

さらに、Apple の QR コードサポート機能の導入により、Mobike ユーザはわざわざアプリを開かなくても QR コードをスキャンして自転車を開錠することが可能になった。この便利で迅速な方法で自転車を開錠できることにより、同社のユーザベースの拡大と成長の加速が期待できる。

Mobike によると、月間アクティブユーザは前月比の2倍に増えているという。新規ユーザのほぼ半分はメッセージアプリ WeChat(微信)から来ており、3月に WeChat と提携したことで、ユーザは WeChat のウォレット機能内にある Mobike の自転車レンタル機能へのアクセスが可能になった

Mobike の競合 ofo は、ofo を含む6つの自転車レンタルアプリに対して「scan-and-ride(スキャンして乗る)」機能をサポートする Alipay に対応している。加えて、4月からは配車サービス大手Didi Chuxing(滴滴出行)のアプリ内からのアクセスも可能になった。Didi は ofo の主要投資家で、これまでに3回のラウンドを通して同社に何億米ドルもの資金を提供している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------