インド発の人工知能スタートアップBoxx.ai、プレシリーズAラウンドで50万米ドルを調達——顧客が将来買いそうなものを予測する技術を開発

SHARE:

Boxx_.jpg

インド・バンガロールを拠点とする人工知能(AI)対応アナリティクスのスタートアップ Boxx.ai は、ムンバイを拠点とする VC 企業の Unicorn India Ventures がリードするプレシリーズ A ラウンドで50万米ドルを調達した。このラウンドには、Venky Krishnakumar 氏(Citibank APAC の元 COO 兼 CFO)、Suresh Shankar 氏 (CrayonData の設立者兼 CEO)、Vivek Bhargava 氏(DAN Performance Group の CEO)といった著名なエンジェル投資家も参加した。

今回獲得した資金は、テクノロジーのアップグレードと Boxx の製品ポートフォリオ拡張に活用される予定。

Boxx.ai は、2016年7月に IIT(インド工科大学)卒の Ajay Kashyap 氏、Prakhar Raj 氏、Shitiz Bansal 氏によって設立された。創業チームのメンバーは10年以上にわたってデータサイエンス、テクノロジー、製品開発部門を率いてきた実績を持つ。

AIDA は Boxx.ai の初となる製品。AIDA の専用アルゴリズムは、顧客が将来買いそうなものを予測し、あらゆるマーケティングチャネル(e メール、アプリ通知、ブラウザ通知、Facebook、ウェブサイト上、アプリ)を対象として、パーソナル化された顧客体験を提供している。AIDA を使うことで、ネット企業はパーソナル化された製品(e コマース企業)、パーソナル化されたコンテンツ(ニュースポータルやブログ)、マッチングの改善(婚活・デート系サイト、転職ポータル)、ターゲティング広告(相当のインベントリを有するパブリッシャー)を提供することが可能になる。

共同設立者の Ajay Kashyap 氏は次のように述べている。

AIDA は、そのコアである「個々のアイデンティティ」という哲学をもとに作られています。ひとりひとりの顧客は重要で、しかもそれぞれ違います。AIDA のアルゴリズムは、隠れたパターンをデータの中に見つけ出してデータを希薄化し、パーソナル化に微妙なニュアンスを加えつつ新たなデータで絶えず学習しています。そして、あらゆる状況で最も関連性のあるパラメタが選択されるよう構造的な進化をしているのです。これら全てがかつてないほどのパーソナル化レベルで、マーケターが個々の顧客にリーチできるようになるために行われているのです。

Unicorn India のマネージングパートナー Bhaskar Majumdar 氏は次のように述べた。

私たちが現在住んでいるデジタルの世界、データはユビキタスです。AI を使ったデータマイニングとは、将来最新鋭のサービスを企業に提供していくことです。ただ、アナリティクスには長い間、プレミアム的であるとか、事前に人材とテクノロジーに多大な投資を必要とするというレッテルが貼られていました。そのためアナリティクスに投資できたのは大企業に限られていたのです。

Majumdar 氏は続ける。

Boxx.ai では、アナリティクスの単純化や企業にとって費用効率が良くなる多くのプロセスを製品化することによって、そのような事態を変えていくのを目標としています。私たちは Boxx.ai を、アナリティクスの製品化と民主化ができる企業と捉えています。それこそ、この企業への投資に関心を持った理由です。

同社は現在、ファッションウェブサイト、オンライン食品販売、教育ポータル、ギフト・取引マーケットプレイスといったオンライン業界にいる多くの顧客と協業している。

Unicorn India Ventures は、コンシューマ、エンタープライズ、ヘルスケア、ディープテクノロジーのドメインなど広いセクターでビジネスアイデアに取り組んでいるアーリーステージのスタートアップに投資を行っている。投資先は、革新的なビジネスアイデアを持ち、実生活の問題を解決できるスタートアップだ。投資金額は10万米ドルから200万米ドルに及ぶ。

Unicorn は初めての投資をクローズしたところだ。このファンドはすでに、Grab on Rent、Inc42、NeuroEquilibrium、Vanity Cube、Roder、Pharmarack、SmartCoin、Sequretek、そして今回の Boxx.ai などのスタートアップに投資してきたと発表している。

最近、Wigzo(マーケターが e メール、ウェブサイト、モバイル、プッシュ通知、ページ上など、あらゆる顧客タッチポイントをパーソナル化する手助けをしているプラグアンドプレイのソリューション)は、既存投資家3one4 Capital がリードするブリッジラウンドで非公開額の資金を調達している

【via e27】 @e27co

【原文】