廃棄されるはずの果物をフリーズドライして粉末状に、栄養価を80%保ったまま長く楽しめる「FoPo」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.7.21

<ピックアップ> FoPo: A startup brings new life to expiring fruits and vegetables

世界では、野菜や果物の40%が腐敗を原因に廃棄されている。深刻化する食料廃棄問題の解決に挑むスタートアップのひとつが、ドイツ発の「FoPo」だ。

FoPo は、熟れ過ぎてしまった果物を一度冷凍し、それをフリーズドライした上で粉末状にした商品を販売している。水分を完全に抜くために真空状態で弱いプレッシャーを加えるが、高温を避けることでフリーズドライされた食品の栄養価は80%保たれる。

既存のフードパウダーの多くは食事の代用品として売り出されているが、FoPo のそれは調理の際に使うことができる。スムージー、焼き菓子、アイスクリームなど、新鮮な果物の代わりとして機能する。

FoPo のパウダーにはアボカドやマンゴーなどがあり、例えばマンゴーは一袋50グラムで3.50ユーロ(約450円)で販売されている。

via. Entreprenuer

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------