会計ソフトのfreeeが事業用の提携クレジットカードの発行を9月より開始、会計情報を元に審査実施

SHARE:

summary

クラウド会計ソフトfreeeは7月24日、ライフカードと提携して事業用クレジットカード「freeeカード」を9月より発行開始することを発表した

freeeとライフカードは2017年3月より業務提携を開始。事業用クレジットカードは登記書類や法人口座の通帳のコピーの情報で審査をすすめる場合が多いが、本カードではfreee上の法人情報や会計データを審査資料とする。設立直後でも申込対象で1法人あたり50枚までカード発行が可能といった特徴があり、中小企業や個人事業主がターゲットだ。

同社はクレジットカードで企業がキャッシュレス化を実施することで利用明細の自動取得化や取引データを集約し、バックオフィス業務のコストを削減することを目指す。

Source:freee

----------[AD]----------