財布、カード、スマホの紛失・盗難時のプロテクションサービスを提供するインドのOneAssist、シリーズCラウンドで1,800万米ドルを調達

SHARE:
Image credit: OneAssist Consumer Solutions

インドで消費者に優しいアシスタンスおよびプロテクションサービスを提供している OneAssist Consumer Solutions は、既存投資家 Sequoia Capital India がリードしたシリーズ C ラウンドで1,800万米ドルを調達した(会社登記の附属文書情報)。

他の既存投資家 Lightspeed Venture Partners や、ニューヨークを拠点とし製品・サービスに特別なプロテクトサービスを提供している Assurant もこのラウンドに参加した。

Economic Times 紙は、共同設立者 Gagan Maini 氏の発言を引用しつつ、OneAssist が今回獲得した資金をサービス部門テクノロジーへの投入、新たなパートナーシップ構築、新規カテゴリーへの拡張に使用する予定だと報じている

OneAssist は2015年、Assurant がリードしたシリーズ B ラウンドで750万米ドルを獲得している

2011年に Subrat Pani 氏と Gagan Maini 氏によって設立された OneAssist は、財布やカード、スマホといった日常生活に欠かせないアイテムの紛失時にデータを保護するソリューションを個人顧客向けに提供している。万一、顧客が電話を紛失したり破損してしまったときは、ただ OneAssist に電話するだけでよい。すると同社が SIM のブロックからアプリ(アンチウィルス、ワンコールでのロック&ワイプ)でのデータ保護まで何でもしてくれる。顧客のスマホで利用している他のサービスとは別に、玄関先での電話の集荷や修理、代替機の提供を含め盗難・破損時の保険プロテクトサービスを提供している。

インドのムンバイを拠点とする同社は最近、家電とエレクトロニクス分野に参入したばかりだ。

カードや財布のプロテクトサービスに加えて、携帯電話やノートパソコン、タブレット端末の修理・プロテクトサービスも提供している。現在、家電や白物家電のサービス分野への進出も視野に入れているという。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------