倉庫シェアリングと物流網マーケットプレイスの「souco」、東京海上と提携し包括補償サービスを提供

SHARE:

東京に拠点を置き、倉庫のシェアリング機能と物流マーケットプレイス「souco」を提供する souco は20日、東京海上日動火災保険と提携し、倉庫に保管中の貨物が被害を受けたり、搬送中に周辺物を傷つけたりなど、貨物の保管と物流にかかわるあらゆる包括補償サービス(ブランケット)を提供すると発表した。

souco は、ネットで倉庫を貸したい企業と借りたい企業を引き合わせるサービスで、〝小ロット〟〝短期間〟でも簡単に倉庫が借りられるのがメリット。一方、借主と貸主が頻繁短期的に変化するため、その需要に合ったオン・ザ・スポット的な保険の開発と適用が、サービスを始める上で急務とされていた。包括補償サービスの提供準備が整ったのを受け、souco は倉庫のシェアリングサービスを25日に首都圏から開始する。保険料は倉庫利用料に包含される。

souco は以前、ietty で企画担当部長をしていた中原久根人氏が、2016年7月に設立したスタートアップだ。165平方メートルから2週間単位で貸し借りできるようにすることで、倉庫を必要な時期に無駄なく借りられる。物流を必要とするサービス提供会社は需要に応じて配送経路を柔軟に見直すことができ、その結果、配送員の負担改善にもつながることが期待されている。

----------[AD]----------