TechNodeが2回目となる「Asia Hardware Battle」を9月16日に上海で開催、ピッチ登壇を希望するハードウェアスタートアップを募集開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.8.26

2016年の第1回 Hardware Startup Battle から
Image credit: TechNode

THE BRIDGE のメディアパートナーでもある中国のテックメディア TechNode(動点科技)は先ごろ、9月16日に2回目となるピッチコンペティション「Asia Hardware Battle(略称:AHB、亜洲智能硬件大賽)」を開催すると発表、ピッチ登壇を希望するスタートアップのエントリ募集を開始した。

日本・韓国・台湾・香港・中国・シンガポール・インド・イスラエルを拠点とし、プレシリーズAラウンド以前のアーリーステージのハードウェア・スタートアップが対象。参加するにはプロトタイプをリリース済である必要がある。書類選考の結果、ファイナリストに残った15チームには、AHB への入場券や往復渡航費1名分、中国の投資家や大手企業の面談機会などが提供される。

第1回 Hardware Startup Battle には、日本のエンジニアリング系エンジェル投資家として名高い TomyK の鎌田富久氏も審査員として参加
Image credit: Technode

9月16日に開かれる決勝イベントでは、Yunqi Partners(雲啓創投)、Redpoint China Ventures(紅点中国)、祥峰投資(Vertex Ventures)などのベンチャーキャピタリストが審査員を務める。ピッチ審査の結果、上位3チームには副賞として、1万元〜5万人民元(約16万〜82万円)の賞金のほか、先ごろユニコーン入りした中国のコワーキングスペース運営大手 URWork(優客工場)から7人分のオフィススペース6ヶ月分が提供される。

これは昨年3月に四川省成都で開かれた TechNode の旗艦カンファレンス「ChinaBang 2016」でのピッチコンペティション「Hardware Startup  Battle」に続く第2弾だ。第1回の際には、日本からも PLEN、ADAWARP、Exiii といったロボティクス、ハードウェアスタートアップが参加し、Exiii は準優勝の座を獲得した。

第2回 AHB のエントリは、このフォームから可能。なお、エントリ締切は9月1日までとなっている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------