自由視点映像システム開発の韓国ESM Lab、KDDI Open Innovation Fundから資金調達——人気スポーツイベントで実証実験を開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.8.14

<ピックアップ> 이에스엠연구소, 일본 KDDI로부터 투자 유치

複数のカメラを活用した、自由視点特殊映像制作システムを開発する ESM Lab(ESM 연구소、Evolution of Scientific Media LAB)は2日、KDDI とグローバル・ブレインが運営する KDDI Open Innovation Fund から資金調達を実施したと発表した。これは ESM Lab にとって初の資金調達となる。調達金額、調達ラウンドについては不明。

同社は、数十台のカメラで撮影した映像をもとに、視聴者が自由に視点を変更し、まるで時空を超越したような映像を再現できる技術「4D Replay」を開発している。2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピックや2020年の東京オリンピックなどの代表的なスポーツイベントで利用されることを念頭に置いており、KDDI にとっては 5G ネットワークで実現するアプリケーションの一つにしたい、という位置付けのようだ。

ESM Lab は今年6月にアメリカ・メジャーリーグと PoC を実施し、2018年の年間契約に向け準備が進められている。NBA、UFC のゲームなどにもこの技術を適応すべく、スポーツチームや放送局などと協力関係を深めている。日本では、今月5日〜6日に札幌ドームで開催された、日本ハムファイターズ vs. オリックスバッファローズの中継で 4D Replay を利用した初サービスが披露された。この模様は追って、スポーツニュースサイト「SPORTS BULL」上で公開される予定だ。

<関連リンク>

Via Platum

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------