Facebook、新アプリ「Colorful Balloons(彩色気球)」でアクセス遮断されている中国に密かに進出

SHARE:
天安門広場をジョギングする Mark Zuckerberg 氏
Zuckerberg 氏の Facebook タイムラインから)

驚くべき動きだが、Facebook が中国限定のアプリを作成・リリースしていたことがわかった。Mark Zuckerberg氏 のソーシャルネットワークである Facebook は2009年以来、同国ではブロックされていた。

仮名の会社名のもと同国のアプリストアで密かにローンチされていた Facebook の中国アプリは、Colorful Balloons(彩色気球) という名称の写真共有サービスだ。ニューヨークタイムズ紙がそのアプリに最初に気付き、それが実際に Facebook によって作られたものであることを確認したうえで報道した

Colorful Balloons アプリは実際には中国限定版の Facebook Moments だ。Facebook Moments は2015年半ば頃に最初にリリースされた写真専用のスピンオフアプリである。

この両アプリのアイコンとインターフェースはほぼ同一だ。Colorful Balloons は私には英語で表示されるが、これは私のiPhoneの言語が英語に設定されているからだ。
Image credit: Tech in Asia

Facebook はニューヨークタイムズ紙への声明の中で次のように述べている。

私たちは長い間、中国に興味を持ち、いろいろな方法で同国を理解し、もっと学習しようと時間を費やしてきました。

この人目を忍んだ Facebook アプリは実際には5月に中国でリリースされていたが、その出所が判明したのは8月11日のことだった。

Colorful Balloons は何年にも渡る Zuckerberg 氏の注意深い外交を経たうえでローンチされた。同氏は中国本土を頻繁に訪れ、2015年には Lu Wei(魯煒)氏のようなトップ級の役人にさえ面会している。Lu Wei 氏は同国インターネットの権威で Facebook や事実上その他すべての海外製ソーシャルメディアアプリを閉め出した張本人である。

天安門広場をジョギングする Mark Zuckerberg 氏
Zuckerberg 氏の Facebook タイムラインから)

2016年3月、Zuckerberg 氏は大気汚染がひどい北京の都心部でジョギングし、多方面から嘲笑をあびていた。当日の大気は「非常に不健康」な汚染レベルだった。「北京に帰って来られて最高です!」と彼は Facebook に投稿したが、汚染についての言及はなかった。

Facebook の新しい中国アプリは、人気メッセージングアプリの WeChat(微信)や Weibo(微博)と正面から競合する。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】