米FTC、Amazonによる137億米ドルでのWhole Foods買収を承認

SHARE:
Image credit: jetcityimage / 123RF

本日(8月23日)、Amazon による Whole Foods Market の137億米ドルでの計画的買収は、米連邦取引委員会(FTC)が買収取引を進めることを承認し、さらに、Whole Foods の株主総会で買収提案が承認されたことで、2つの潜在的な障害をクリアした。

FTC 競争局で局長代理を務める Bruce Hoffman 氏は、声明の中で次のように語っている。

FTC は今回の買収計画に関して調査を行い、クレイトン法第7条に照らして競争を著しく損なうものでないか、または、FTC 法第5条に基づく不公正な競争方法に該当しないかどうかを検討しました。そして、我々が行った調査に基づき、この件に関してこれ以上は追求しないことに決定しました。

もちろん、必要であれば、FTC はいつでも反競争的行為について調査を行います。

また、Whole Foods はテキサス州オースティンで株主総会を開き、そこで投資家らによって買収が承認された。Whole Foods の株主らは1株につき42米ドルを受け取ることになる。

提示金額を考えれば買収提案が株主から反対されることはまずないだろうと思われていたが、トランプ大統領が Amazon とその CEO である Jeff Bezos 氏を非難する発言をしており、これによって、規制当局からの厳しい調査が長期間続くのではないかという懸念が高まっていた。

Amazon 株は FTC の発表後、時間外取引で0.1%上昇して958.00米ドルとなり、Whole Foods 株は0.7%上昇して41.97米ドルの値をつけた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】