シード・アーリー期支援のジェネシア・ベンチャーズが20億円ファンド設立、1次募集を完了

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2017.8.17

Genesia

シード・アーリーステージの企業支援に特化したジェネシア・ベンチャーズは1号ファンドの1次募集を締め切り、設立時の出資約束金として20億円の資金調達を完了したと発表した。

組成ファンドの正式名は「 Genesia Venture Fund 1 号投資事業有限責任組合」で、主力の出資者はみずほ銀行、みずほキャピタル、日本ユニシス傘下のキャナルベンチャーズ、JA三井リース、東急不動産、丸井グループらが名を連ねる。なお、同ファンドは年内の最終クロージングでファンド規模が30億円になるよう拡大を目指す。

投資対象は日本、北米、東南アジア地域のシード・アーリーステージの企業で、既に20社ほどの出資を終えている。対象事業領域はデジタルメディア・コンテンツ、C2C、シェアリング、クラウドソーシング、非中央集権型プラットフォーム、AR・VR・MRなど。

センサーやAPI・ソフトウェアを活用することで、これまでデータ化されてこなかった情報の可視化を実現し、金融、通信、出版、建築、不動産、医療、製造業、農業などの改革・産業構造の再定義を促すような事業に対して出資を検討する。

Source:ジェネシア・ベンチャーズ

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------