韓国のイベント開催支援プラットフォーム「オンオフミックス」、代表らが関与したとされるわいせつ疑惑について投資家に送られたメールを入手

SHARE:

本日(8月25日)午前9時31分付のハンギョレ新聞の報道によると、韓国のイベント開催支援プラットフォームを提供するスタートアップ「OnOffMix(온오프믹스)」代表と副代表が、それぞれ強制わいせつおよび準強姦の容疑で裁判にかけられ、ソウル東部地裁は6月に副代表の準強姦容疑を認め、懲役2年6月を宣告し法廷拘束したと伝えられた。

これに対し、OnOffMix 代表のヤン・ジュンチョル(양준철)氏は、「[ONOFFMIX] 不適切な事件について」というタイトルで、投資家らにメールを送付しており、「記事の内容が大幅に悪意をもって作成されたもので、一人一人に直接連絡し、事業を説明させていただきたい」ことを明らかにしている。OnOffMix 内部関係者によれば、代表は無罪を主張しており、一審裁判はソウル西部地裁で行われているという。

以下、メールのコピーである。

<訳> [ONOFFMIX] 不適切な事件について

メール受信者の皆様へ

こんにちは。OnOffMix 代表のヤン・ジュンチョルです。

まず、申し訳ないという言葉をお伝えしたいと思います。

8月23日付の THE BELL8月25日付のハンギョレ新聞で OnOffMix に関する不適切な記事が出ました。一部内容について一方的に作成されており、悔しく思っています。直接連絡を差し上げ、状況の事情説明を差し上げたいと思います。

電話差し上げるようにします。申し訳ありません。

<新聞報道の抄訳>

青年スタートアップ経営陣が投資家を相手に性犯罪を犯した容疑で、裁判にかけられた事実が少し日を置いて明らかになった。

取材の結果、OnOffMix の代表(32歳)と副代表(33歳)が同社の投資家に対し、それぞれ強制わいせつ、準強姦した容疑で裁判にかけられたことが明らかになった。ONOFFMIX は、イベント開設者と参加者をつなぐプラットフォームを運営するスタートアップだ。特に、代表は10代で創業したことで名前が知られ、講義や著書を通じてスタートアップ業界における青年メンターの役割を果たしてしてきた。

OnOffMix は、昨年4月に株式を発行し投資家を募集した。不特定多数が投資に参加できるクラウドファンディングの形式で、2週間で合計40人が7億ウォン(約7,000万円)を投資した。短期間で巨額を募集した事例として話題を集めた。

被害者は、そのエンジェル投資家の一人だった。クラウドファンディング終了後、被害者は副代表と彼の友人らと共に酒席を共にした。この席で被害者が泥酔させられ、副代表にホテルに連れられ性暴行を受けたとされる。被害者はこの容疑を立証するために、酒席を持った場所の防犯カメラを確認し、代表が自分の体に触れるシーンを確認した。被害者は、代表と副代表を強制わいせつで告訴していた。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------