韓国発のグローバルスタートアップアクセラレータSparkLabs、北京に続き台北拠点をローンチ——香港拠点開設も視野にグローバル成長を継続

SHARE:
SparkLabs 台北のマネージングディレクターを務める Edgar Chiu(邱彦錡)氏
Image credit: SparkLabs

アクセラレータネットワークの SparkLabs Global Ventures は台北のプログラムを本日(8月8日)ローンチし、次の拠点として香港を計画している。

同ネットワークのアクセラレータ第1弾は2012年に開設したソウルで、その後、インチョン(仁川)近郊のソンド(松島)国際ビジネス地区に進出していた。今年、韓国国外で初のプログラムとなる北京のアクセラレータをローンチしている。

SparkLabs は Edgar Chiu(邱彦錡)氏を台湾プログラムのマネージングパートナーに招聘した。Chiu 氏の前職は韓国のインターネット大手 Naver の関連会社 Camp Mobile ジェネラルマネージャーだ。それ以前は、Naver が2013年に買収した台湾のアプリデベロッパー Gogolook の COO を務めていた。

同時に招聘されたのは Alex Wu 氏で、同氏は教育コンテンツプラットフォーム Newsela のコミュニケーションおよびマーケティング担当バイスプレジデントを務めていた。Wu 氏は Facebook、Quora、バラク・オバマ元米国大統領の第1期選挙キャンペーンに参画した経歴を持つ。

Silver Lake Partners の元マネージングディレクター Tony Ling 氏も Wu 氏と共に SparkLabs Taipei のベンチャーパートナーとして参画する。

YouTube の共同設立者 Steve Chen 氏、Kabam の共同設立者 Kevin Chou 氏、Guitar Hero 開発元の RedOctane 共同設立者の Charles Huang 氏と Kai Huang 氏などが SparkLabs Taipei のアドバイザリーボードに参画する予定だ。

この新アクセラレータには特定の技術テーマはないが、同ネットワークは人工知能、仮想現実および拡張現実、モバイル、フィンテック、ヘルスケア、そしてコネクテッドデバイス関係のスタートアップをターゲットとしていることを公表している。

この3ヶ月のプログラムは参加スタートアップに資金とオフィススペースを提供するとともに、SparkLabs のグローバルな起業家ネットワーク、投資家および企業経営者ネットワークへのアクセスも提供する。

北京で弾みをつけた海外展開はこのたび台湾に進出し、SparkLabs はすでに次のプログラムが視野にある。同社は来年初めにフィンテックに特化したアクセラレータを香港でローンチする計画だと話している。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------