WeChat(微信)のユーザ数が10億人に到達する見込み

SHARE:

どうやら中国の人々はWeChat(微信)を際限なく愛しているようで、同アプリのユーザ数は10億人というレベルに急速に迫っている。Tencent(騰訊)が発表した暫定的な営業報告書によると、Weixin(オリジナルの中国語版)とWeChat(国際版)の月間アクティブユーザ数の合計値は、9億6,300万人に達した。昨年は8億600万人だったことから、年間伸び率は19.5%となる。

このペースで成長が続いた場合、今年度の第3四半期ないし第4四半期には、Weixin とWeChat の月間アクティブユーザは10億人に到達する見込みだ。これが現実のものとなれば、Facebook やWhatsApp と肩を並べ、月間ユーザ10億人の大台を達成した数少ない大手ソーシャルアプリの一つとなる。

WeChat を手がける Tencent の今年上半期の業績は好調で、収益は57%増となる1,061億5,800万人民元(156億7,000万米ドル)、利益は328億200万人民元を記録した。例によって同社はWeChatによる収益額を明言しなかったが、営業報告書に挙げられた花形の収入源であるオンラインゲームとソーシャル広告に次ぐ規模と見られる。

順調に成長しているユーザベースの一方で、ユーザ増加率を今後も長期的に安定させるよう求める同社へのプレッシャーは高まっている。今後課題となり得る点の一つは、サービスの利用者が中国語話者に偏っているという事実だ。同アプリは、中国本土、香港、台湾などで強いシェアを誇っている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】