プロのシェフの自宅で手料理を楽しめる体験重視型の外食サービス「EatWith」

SHARE:

<ピックアップ>  EatWith wants to help you dine with local cooks in homes around the world

レストランに出かけて食事をする一般的な外食ではない、 “体験”に重きを置いた食の楽しみ方が増えつつある。以前に、そんなサービスのひとつである「Feastly」を紹介した。

EatWith」は、プロのシェフの自宅に招かれて手料理を楽しめるサービス。世界50ヵ国200都市以上に対応しており、ホスト(シェフのこと)の数は650名を超えている。

サービスの使い方は簡単で、サイトで場所と日付で検索するだけ。自分が住んでいるエリアはもちろん、旅先で検索すれば現地のシェフの手料理を彼らの自宅で味わうことができる。

シェフがその食材やメニュー内容に応じて設定できる食事代は、30ドル〜。地元で採れたての新鮮素材を使った食事代には100ドルを上回るものもある。シェフは、1回最大700ドルを稼げるという。

EatWithの利用者は、レストランでの外食とはまた違う体験が楽しめるし、シェフは副収入を得たり、レストランで振舞う新作メニューへのフィードバックを得るようなことも可能になる。

via. Forbes

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録