インドのゲノムスタートアップMedGenome、Sequoia Capitalらのリードで3,000万米ドルを調達——精密医療とバイオマーカー発見の研究を加速

sam_in-the-lab_2
MedGenome 設立者兼 CEO Sam Santhosh 氏
Image Credit: MedGenome

13億というインドの人口を考慮した上で、MedGenome は珍しい疾病の研究と診断方法の確立を進めたいと考えている。同社はその使命を実現するため、このたび3,000万米ドルの資金調達を発表した。このラウンドは Sequoia Capital India と Sofina が共同でリードし、Zodius Capital や複数の個人投資家が参加した。

MedGenome の設立者兼 CEO である Sam Santhosh 氏は、VentureBeat に宛てた e メールの中で次のように述べている。

インドは世界中のゲノムデータの宝庫です。多くの民族が互いに独自性を保って生活しており、長い世代にわたって同質性を保持しているからです。これは、病気の原因となる可能性のある突然変異遺伝子を特定する上で大きな可能性をもたらします。世界中の疾病の治療を前進させますし、世界から撲滅することさえできるでしょう。

2013年に設立された MedGenome は2つのアプローチを持つ。第1に、出生前診断、小児遺伝性障害の診断、腫瘍検査など遺伝子診断テストをインドで提供している。第2に、シリコンバレーの研究所ではシーケンシングプラットフォーム、バイオインフォマティクス、コンピューティング、およびビッグデータの解析を行う。

Santhosh 氏はメールでこのように述べている。

インドで得られた成果を製薬業界の顧客や研究者に提供し、疾病の生物学的な原理の解明を進めることができます。

CEO である氏は、顧客ターゲットを明確にしている。「製薬会社、バイオテクノロジー企業、主要な学術医療センターの研究者や臨床医たち」だという。

私たちは23andMe のような「消費者向け遺伝子」テストは提供していませんが、研究や創薬目的のゲノムデータを提供しています。

MedGenome はこれまでに総額5,400万米ドルを調達している。同社は今回調達した資金で、精密医療の研究を進めるほか、バイオマーカー発見のプログラムを加速する予定だ。(バイオマーカーとは、個体内の遺伝子またはタンパク質の変化で、これは疾患や体調を示すサインとなりうる)。

MedGenome には現在、カリフォルニア州フォスターシティの本社と、バンガロール、デリー、シンガポールのオフィスまたは研究所に、360人以上の従業員がいる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】