シンガポールの音楽コラボプラットフォーム「BandLab」、音楽ライブ配信サービス「Chew」を買収

SHARE:
chew_tv_bandlab
Image Credit: Chew.tv

ミュージシャン同士でコラボできるクラウドサービスを提供しているシンガポール企業の BandLab は本日(9月7日)、ロンドンに拠点を置く音楽ライブ配信サービス Chew.tv を買収したと発表した。

Chew は DJ パフォーマンスを専門とした音楽ライブ配信サービスで、2015年よりサービスを開始。現在38万人以上のユーザが利用し、13万時間を超えるコンテンツを持つプラットフォームだ。

Chew の買収により、BandLab のコンテンツクリエイターは、200万人近いユーザ情報を持つ Chew のデータベースに演奏を配信できるようになる。今後ブランド名は「Chew by BandLab」になるが、引き続き独立したサービスを提供していくという。

また、同プラットフォームの運営も無料サービスとして継続する予定だが、「ストリーミングの転送機能」や「オンデマンド型のアーカイブ機能」といった、コミュニティ内のクリエイターに向けた有料制のプレミアムオプションの導入も検討しているという。

BandLab の共同設立者で CEO の Meng Ru Kuok 氏はプレス向けの公式声明で次のように語っている。

ミュージシャンにとって、ライブ演奏は最も重要な音楽活動の一つであり、その重要性はかつてないほど高まっています。その延長線上として、世界中にライブパフォーマンスを届けたいクリエイターとミュージシャンの皆さまをデジタルでサポートできるのは、弊社にとって非常に重要なことだと考えています。

Chew の共同設立者で CEO の Wil Benton 氏は次のように語っている。

BandLab とパートナーシップを組むことで、当社の素晴らしいユーザに専門的なサポートを約束できるだけでなく、引き続き、DJ やミュージシャンのコミュニティが活性化して、共にクリエイティブなライブを作り上げていくことが確実にできるようになります。

2015年に設立して以降、BandLab のプラットフォームでは毎日1万曲以上が作られているという。

BandLab は昨年、サンフランシスコのデザインスタジオ MONO Creators Inc.を買収しており、その後すぐに米国ポップカルチャーの象徴的存在と言われる雑誌 Rolling Stone の株式を49%取得している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------