「ごちクル」運営のスターフェスティバル、有名店やシェフの料理を自宅で再現できるミールキット「ごちレピ」を開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.9.27

お弁当やケータリングの宅配サービス「ごちクル」などを運営するスターフェスティバルは27日、個人向けに、有名店・シェフの料理を誰でも自宅で簡単に再現できる、ミールキット宅配サービス「ごちレピ」の開始を発表した。

「ごちレピ」は、有名店のシェフが開発に全面参画し、必要な食材、特別な調味料が宅配で自宅へ届けられるミールキット。テレビ番組「料理の鉄人」のクリエイターが発起した料理業界応援プロジェクト「CHEF-1」の協力のもと、田村亮介氏(麻布長江・香福筳)、鈴木珠美氏(kitchen.)
、小薇氏(幸せ中国料理 ローズ上海)
、茂出木浩司氏(たいめいけん)
、坂井宏行氏(ラ・ロシェル 南青山)、山田宏巳氏(リストランテ・ヒロソフィー 銀座)、尾身奈美枝氏(料理研究家)氏らが開発・監修を担当する。

価格は料理によるが4,320円から。サービス開始時点での提供配達地域は関東、信越、北陸、中部、関西のみで、月曜日を除き配達日の指定が可能だ。スターフェスティバルでは、ごちレピが、お弁当・ケータリング総合宅配サービス「ごちクル」、デリバリー型社員食堂「シャショクル」に次ぐ事業の柱にしたいとしている。

この業界の動向を見てみると、アメリカの Blue Apron(NYSE:APRN)が今年6月にニューヨーク証取に上場、ロシアの Chefmarket には三井物産(東証:8031)がシリーズ A ラウンド(2016年5月)およびシリーズ B ラウンド(2017年7月)で総額約480万ドルを出資している。国内では、シェフ監修によるミールキットとしては TastyTable が先行しており、野菜宅配のオイシックスドット大地(東証:3182)はミールキット「Kit Oisix」を今秋からナチュラルローソン5店舗で販売開始する予定。このほか、セブンイレブンや高級スーパーの紀ノ国屋などが、ミールキット事業への参入を表明している。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------