スマホ特化のフリマ「スマホのマーケット」を買取比較のジラフが公開、格安SIM診断機能と動作保証でユーザーの安心感を獲得

SHARE:

d15850-10-697476-10.jpg

買取比較サイト「ヒカカク!」を運営するジラフは10月12日、スマホ特化のフリマサイト「スマホのマーケット」を公開したことを発表した。

同サービスはiPhoneをはじめとしたスマートフォンの中古端末を売買できるフリマサイト。格安SIMの診断機能や同社による動作保障、端末の除菌といったフリマ機能以外の付帯サービスを充実させており、ユーザーが安心感を得られる仕組みづくりが特徴だ。購入端末に適合する格安SIMカード購入の申し込みや出品者に対しての端末内データの削除といったオプションも搭載している。

システム利用料は無料で、出品した中古端末が売れた場合のみ10%の手数料がかかる。決済はスマホのマーケットを介したエスクロー方式だ。

同社は8月時点で同サービスの公開を発表していた。今後は購入した中古のスマートフォンの修理補償への申し込みや同サービスで売れなかった商品をヒカカク!の買取業者に査定申し込みできる仕組みを実装予定。

Source:PRTIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録