スポーツチーム管理サービス「TeamHub」運営のLink Sportsが総額1億円の資金調達を実施

SHARE:

スクリーンショット 2017-11-22 15.22.03.png

スポーツチームの管理ツール「TeamHub」を運営するLink Sportsは11月22日、総額約1億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はiSGSインベストメントワークス、KLab Venture Partners、毎日新聞社の3社。株式比率や払込日は非公開。

TeamHubはアマチュアスポーツのチームや団体の管理者のためのマネージメントサービス。出欠管理やチーム連絡、スコア管理などにより管理者のコストを削減する。Web版とアプリに対応しており、iOS、Androidより利用可能だ。各スポーツの種目にあわせて必要機能を搭載、現在はサッカー、フットサル、男子ラクロス、女子ラクロスに対応している。11月初旬には新たに野球に対応した。

今回の調達の主な目的は人材獲得。今後はweb版によるチームHPの自動作成機能やラグビー、バスケットボール、バレーボールといった対応競技の追加を実装する予定。

----------[AD]----------