歯ブラシ定期購入サービスのQuip、シリーズAラウンドで1,000万米ドルを調達

SHARE:
quip-series-a-10
Quip 設立者

会員制電動歯ブラシ販売のスタートアップ Quip は、Airbnb と Uber の初期投資家である Sherpa Capital、Kal Vepuri 氏による投資ファンドの Brainchild、Blue Scorpion VC、Demi Lovato 氏や Eric Grosgogeat 氏など、「ファッション、エンターテイメントとオーラルケア業界」の多数の投資家からシリーズ A ラウンドで1,000万米ドルの資金を調達した。

2012年にニューヨークの工業デザイナー Simon Enever 氏と Bill May 氏により設立された Quip(昨年 Saleforce が買収した同じ名前のワープロアプリとは別物)は、数あるヘルスケアおよび健康管理関連のスタートアップの一つである。昨年、Unilever が化粧品オンデマンドサービスの Dollar Shave Club を約10億米ドルで買収し、美容と健康にフォーカスした Birchbox は現在、複数の大手小売企業との買収交渉を行っていると報じられている

斬新な電動または手動歯ブラシ、歯磨き粉、カバーとスタンド、交換用ブラシの多彩なサブスクリプション制の前払いプランを用いたオーラルケアの提供が Quip の存在意義である。

quip-series-a-7
Quip の歯ブラシ

Quip はこれまでにも約220万米ドルの外部資金調達を得ており、今回の資金投入で「デザインドリブンな日用品の総合的スイート」を用いたオーラルケア革命への取り組みを一層強化すると彼らは発表している。

具体的には、現在販売している標準モデルの電動歯ブラシにカスタマイズオプションを加えた新たな製品が追加されることが見込まれる。また同社によると、「歯ブラシと歯磨き粉のみ」に留まらず、会員の求めるオーラルケア製品をラインナップに取り入れると同時に、専門家によるアドバイスとサービスを会員に提供するプラットフォーム「Dental Connect」の発展を目指しているという。現在ベータ段階の「Dental Connect」はアメリカ国内1万件の歯科医療施設と提携しており、メンバーはこのプラットフォーム上で定期検診のリマインダーが受けられる。また歯科医がこのネットワークを利用して新規顧客にアプローチすることも可能だ。

Quip CEO の Simon Enever 氏はこう話す。

総合的な健康において、良いオーラルケアは重要な要素の一つですが、多くの人がその重要性を軽視していたり、高価な製品やサービスを手に入れられる人でないと良いケアは受けられないという固定概念を持っています。このことが、一般的な人に、シンプルでありながら健康に大きく影響する予防習慣をないがしろにさせているのです。私たちは Quip を通じて、日常的なケア用品から歯科検診までオーラルケア全般の要素を捉えたより手頃で楽しく、その上効果的なサービスを展開しています。

2015年の発売開始後、初年度で10万セールスを達成し、現在もアメリカ国内のみを拠点としながらも商品の海外発送を行っているという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】