サイクリストの動きを視覚化するスポーツ計測デバイス「TYPE-R」LEOMOが国内販売を開始

SHARE:

LEOMO.png

ウェアラブルデバイス「TYPE-R」を開発・販売するLEOMOは12月1日、国内での同デバイスの販売を開始すると発表した。TYPE-Rは共に3軸のジャイロセンサーと加速度センサーを搭載した5つのセンサーを体に装着し、体の動きをリアルタイムで計測、視覚化するサイクリストに特化したウェアラブルデバイス。サイクリストへのコーチングを感覚ではなく、数値化されたデータに基づいて実施することができる。

タッチスクリーン搭載のTYPE-R本体の他、本体とBluetoothで接続するLEOMOモーションセンサーが5つ付属する。センサーは左右の膝の上部と靴、腰の上に装着し、ペダル速度と上下運動、踵や腿の動き、骨盤の傾斜角度などを測定し可視化してくれる。価格は8万9800円で、オンラインサイトでの販売は近日中を予定しており、現時点で購入を希望する人はsupport[@]leomo.ioにて購入申し込みを受け付ける。

同社は今年7月に米国での先行販売を開始しており、今回の日本国内販売を機に来年の欧州販売を目指す。なおLEOMOについてはこちらの記事を参照されたい。

Source:PRTIMES