CES 2018: パナソニック、従来比20倍高速な航空機内Wi-Fiを発表——一部航空会社で今四半期から導入開始、ビデオストリーミングも可能に

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2018.1.9

北米パナソニックの Tom Gebhardt 氏が、新型航空機 Wi-Fi を紹介
Image credit: Dean Takahashi

航空機内で Wi-Fi を使ったことがある人にとっては、それは長時間におよぶフライトでは神の贈り物と感じるかもしれない。しかし、スピードが遅ければ、イライラさせられるだろう。

パナソニックは、第3世代の人工衛星を使った航空機向け接続技術を発表した。この技術では、これまで飛行中にインターネット接続を提供していた技術に比べ、20倍高速な接続を提供する。

北米パナソニック CEO の Tom Gebhardt 氏が、今週ラスベガスで開催されている大テックトレードショー CES 2018 で開かれた同社のイベントで発表した。

我々の第3世代通信ネットワークは、機能を大胆に変えます。(Gebhardt 氏)

サウスウエスト航空やユナイテッド航空は、今四半期から新システムの導入を始める。

接続性が大幅に改善され、飛行中もビデオストリーミングが見られるようになります。(Gebhardt 氏)

したがって、航空機搭乗中は睡眠したり、読者したりするのは忘れよう。27番A席で旅の様子を友人にライブストリームしたり、機内ムービーの代わりに Netflix をストリーミング再生したりすることも可能になるわけだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------