Spiral Ventures Japanの1号ファンド、当初目標額を上回る70億円の資金を集め調達をクローズ

SHARE:

Spiral Ventures Japan は29日、組成中だった Spiral Ventures Japan Fund 1号(1号ファンドと略す)の資金調達をクローズしたと発表した。調達額は、当初目標額を上回る(オーバーサブスクライブ)70億円。このファンドには、アシックス・ベンチャーズ、セイノーホールディングス(東証:9076)、T8、図書印刷(東証:7913)、森トラスト、中小企業基盤整備機構機構のほか、名称非開示の国内証券会社や海外ヘッジファンドも出資参加している。

1号ファンドは、X-Tech(ネットとリアルの融合)を重点テーマとして、「業界変革型ビジネス」「新産業創出型ビジネス」の2領域を対象に出資を行う。これまでに、オープンロジ、ビズリーチ、ナーブ、Z-Works、フューチャースタンダードなど19件に合計21億円の投資を実行している。同社では、1件あたりの投資規模の目安をアーリーやミドルで5,000万円〜3億円、レイターで最大5億円としている。

<関連記事>

----------[AD]----------