ネットラジオ・スタートアップの「Voicy(ボイシー)」、起業家やエンジェル16名から総額2,800万円を新たに資金調達——技術人員を強化

SHARE:
Voicy
Image credit: Voicy

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は19日、起業家16名から総額2,800万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、以下の方々(匿名希望者を除く)。

  • 秋山 勝氏(ベーシック 代表取締役)
  • 伊藤 将雄氏(ユーザーローカル 代表取締役社長)
  • 川田 尚吾氏(DeNA 共同創業者)
  • 佐渡島 庸平氏(コルク 代表取締役社長)
  • 佐藤 裕介氏(フリークアウト・ホールディングス 代表取締役社長)
  • 島田 亨氏(USEN-NEXT HOLDINGS 取締役副社長 COO)
  • 高梨 巧氏(favy 代表取締役社長)
  • 為末 大氏(侍 代表取締役)
  • 千葉 功太郎氏(個人投資家)
  • 平澤 創氏(フェイス 代表取締役)
  • 堀 義貴氏(ホリプロ 代表取締役)
  • 松本 大氏(マネックスグループ 代表執行役 CEO)
  • 山田 尚貴氏(エニドア 代表取締役)
  • 柳澤 大輔氏(カヤック 代表取締役 CEO)

これは同社にとって、昨年3月にエンジェル投資家12名から総額数千万円を資金調達したのに続くものだ。平澤氏と島田氏は、前回に続くフォローオンでの出資であることが確認できる。今回調達した資金で、Voicy は技術部門を把握・改善・牽引する CTO 候補を採用するとしている。

Voicy のメンバー(一部)。中央が代表取締役の緒方憲太郎氏
Image credit: Voicy

前回のエンジェル投資家からの出資と、今回の起業家を中心とした出資で、Voicy の株主は総勢20名程度に上ると見られる。創業からまもなく2年半を迎える Voicy がエンジェルに出資を依存し続ける戦略については、転職サイト「アマテラス」が昨年実施した創業者・緒方憲太郎氏へのインタビューに詳しい。

Voicy は2016年2月、公認会計士でスタートアップ支援を行ってきた緒方氏により創業。同年9月、iOS 向けに Voicy をローンチした。2017年3月には TECH LAB PAAK 第7期のデモデイで優勝、その後、Android 版やウェブ版などをリリースし、Amazon Echo(Alexa) や Google Home といったスマートスピーカーでの聴取にも対応した。

Voicy は先ごろ、中京テレビのアクセラレータ「CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM」初回バッチに採択されたほか、今週20日には、福岡で開催予定の ICC サミット FUKUOKA 2018 のピッチコンペティション「スタートアップ・カタパルト」に、ファイナリストとして登壇を予定している。