プログラマ向けメンターシップ・マーケットプレイス「Codementor(皮爾愛迪亜)」、プログラマやメンターの格付にブロックチェーンを導入へ

SHARE:
Codementor(皮爾愛迪亜)創業者 兼 CEO Weiting Liu(劉威廷)氏
Image credit: Codementor(皮爾愛迪亜)

残念ながら、私はビットコインミリオネアではないんです。

そう言って、経験豊かな起業家である Weiting Liu(劉威廷)氏はくすくすと笑った。

6年前に仮想通貨の有名人によってデジタル通貨の手ほどきを受けたにもかかわらずである。

私が Coinbase 設立者のBrian Armstrong 氏に実際に会ったのは、Coinbase が一人だけだった頃でした。彼は0.02ビットコインをただで送ってくれました。( Liu 氏)

今ではそれは200米ドル近い価値になっている。だから Liu 氏は仕事をやめたりしない。

ビットコインの流れに乗り遅れることなく、同氏は今独自の仮想通貨を作っている。設立して4年になる同氏のスタートアップ Codementor(皮爾愛迪亜)が初めてブロックチェーンに手を出そうとしているからだ。

Codementor が主に行っていることは2つ、コーダーとメンターをつなぐこと、そしてクライアントが小さなプロジェクトのためにコーダーに仕事を依頼することができるようにすることであるが、同社はコーダーとメンターの評価を一覧にするブロックチェーンシステムを構築することで、間もなくそれらに仮想通貨の要素が加わることになる。また、支払いも同仮想通貨を通じて行われる。

では、以下が今週明らかになった基本計画である。

<関連記事>

〝HODL〟への仲間入り

このブロックチェーン評価システムを実現させるために、Liu 氏と32名の力強い Codementor チームは今年の半ばまでに DEV という独自の仮想通貨で ICO をローンチする予定。同社のサービスでクレジットカードを使いたくない人には、このデジタル通貨がイーサのような確立した仮想通貨と共に決済方法にも使用される。

Codementor ユーザの評価を確立するために、どうして単純に Uber 風の格付けを使用しないのだろうか?

ブロックチェーンを使えば、特定のことをもっと効率的にすることができます。

Liu氏 は言う。ブロックチェーンは改ざんへの耐性があるシステムで、透明性があり一般に閲覧可能だからだ。

ソフトウェア開発のような込み入ったことでは、たとえばオンラインで靴を買うときなんかよりも揉め事が起きる確率はずっと高いのですが、もし揉め事が起きたらクライアントは開発者コミュニティにその件のレビューを頼むことができます。揉め事の解決は開発者コミュニティに任せるつもりです。

台湾を拠点とする同社設立者の Liu 氏は説明する。

それは開発者を守ることにもなります。開発者にしてみれば、とんでもないクライアントを排除できるのです。なので誠実に仕事をする開発者であれば、仕事に対してきちんと公平に報酬が支払われるよう仲間の開発者を頼ることができます。

評価ラップ

コミュニティからの評価や格付けをブロックチェーンに載せようと考えたのは Liu 氏が最初ではないが、それは自身が既に作り上げたテックビジネスに適していると彼は見ている。

弊社がブロックチェーンプロジェクトを立ち上げるのは自然なことでした。弊社は最初から開発者ネットワークとなるために作り上げられたからです。そして、既存の Codementor プラットフォームの下のレイヤーに基礎的な開発プロトコルを持っていたこと、これも道理に適っていると思います。誰かがそれを作らねばならないと思っていましたし、作るのは私たちであってほしいとも思っていました。

そう言って同氏は笑う。

このサービスは30万人の開発者と9,000人以上の経験豊富なメンターを持ち、Codementor は毎年「7桁台の半ばから後半」の収入があるという。ただ、利益が出ているかどうかについては明かされなかった。

Codementor(皮爾愛迪亜)のチームメンバー
Image credit: Codementor(皮爾愛迪亜)

この評価スキームがいつ完成し開始されるかは Liu 氏は語らなかったが、彼は他社も利用可能なオープンな枠組みを思い描いている。

利用者がある仕事から別の仕事に移るときに、一緒に持っていけるような評価でなければなりません。

彼は Dev Protocol という今回のブロックチェーンシステムについて述べる。

これによってソフトウェア開発には実力主義がもたらされると考えています。シリコンバレーの中であっても外であっても、どこに住んでいてもです。

特にスタンフォード大学や Google のようないわゆるエリート大学や企業に属していないエンジニアを後押しすることになる、と彼は考えている。

2000年代半ばのスタンフォード大学OBであり、Y Combinator の卒業生であり、Codementor で2つ目のベンチャーの途上である Liu 氏は、評価システムを DEV トークンから分けることに気を配っている。仮想通貨としての DEV トークンは特に不安定性をはじめとした広い範囲の問題があり、使用には難があるからだ。

計画の対象期間を今後5年や10年と見るならば、その時までにメインストリームになっていないとは考えにくいと思います。ですが半年や1年ということであれば話は別です。

決済に法定通貨と仮想通貨の両方をサポートする必要がある長い過渡期があるでしょう。ですから、その変遷が可能な限りスムーズで早くなるように、弊社ができることは何でもするつもりです。(Liu 氏)

Liu 氏はデジタルコインやブロックチェーン技術の現状を「まるで1994年当時のインターネットに戻ったよう」だと見ている。初期のインターネットベンチャーが消えていった時期である。

ですが Amazon が作られた時期でもあります。

彼は熱を込めて言う。

ですから弊社は仮想通貨時代における Amazon のような存在になることができるようにと望んでいるのです。

VC か ICO か

チームが野心的な計画を始めると、Liu 氏は Alibaba(阿里巴巴)や 500 Startups、そして Techstars といった大物投資家という「幸運」に恵まれ、ICO で資金を調達した。

Alibaba(阿里巴巴)創業者の Jack Ma(馬雲)氏
Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

ICO をするのが良いアイデアかどうか、弊社は確かに内部で十分な議論を交わしました。ICO を実施することで将来的に旧来のベンチャーラウンドで資金を調達するのに影響があるのかどうか。それが誰もが考える論点でした。

多くの ICO は大まかなアイデアに過ぎないプロジェクトが資金を調達するために行われるが、Codementor は Telegram と同じように、確立したスタートアップであるが新たな道のために現金を要していた。

弊社には守るべき評価があります。

Liu 氏は ICO のリスクについて述べる。

弊社には失ってしまうものがあります。弊社には立派な投資家がいて、だからこそきちんとしなければならないのです。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------