チャットボットによる企業向けマーケティング自動化ソリューション開発のチャットブック、Facebookのプラットフォーム開発プロバイダーに認定

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.3.26

ChatBook
Image credit: ChatBook

Facebook Messenger 向けのチャットボットで、企業のマーケティング自動化ソリューション「ChatBook」を提供するチャットブックは26日、Facebook による「プラットフォーム開発プロバイダー(Platform Development Providers)」に認定されたことを明らかにした。

プラットフォーム開発プロバイダーは2017年6月に発表されたパートナー掲載ディレクトリで、企業がメッセンジャーに関する経験を積む専門のプロバイダーを見つけるためのリソースとなっている。プラットフォーム開発プロバイダーには「Automated Chat」と「Live Chat」に分類されているが、チャットブックは自動応答で企業の効果的なビジネス展開を支援する「Automated Chat」に属している。

Facebook Platform Development Providers の一覧に掲載されたチャットブックのページ

ChatBook は、ランディングページの設置だけでは、新規顧客の流入を期待できない企業向けに、ユーザへの情報提供やインタラクションを自動化できるチャットボットを自動作成できる機能を提供。企業はランディングページからチャットボットへの導線を確保することで、より高いマーケティング効果を実現できる。

チャットブックは2016年9月に設立(設立当時の社名はヘクト)。2016年にコードリパブリックの初回バッチ、2017年には Facebook の開発者向け支援プログラム「FbStart」の Accelerate コース、求人情報大手ディップ(東証:2379)の AI アクセラレータの初回バッチに採択された。先月には、シードラウンドで Salesforce Ventures、East Ventures、YJ キャピタルから数千万円を資金調達している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------