ジラフ運営の「Peing-質問箱」がInstagramアカウントで利用可能に、ストーリー機能で質問に回答

SHARE:

スクリーンショット 2018-03-06 14.25.38.png

匿名質問サービス「Peing – 質問箱」を運営するジラフは3月6日、同サービスのInstagramからのアカウント開設および既存の質問箱アカウントとの連携機能を追加したことを発表した。

「Peing-質問箱」は同社が2017年12月に個人事業主せせり氏(本名非公開)より買収した匿名質問サービス。質問箱を開設しているユーザーに対して匿名で質問を送ることができる。質問箱の開設はTwitterアカウントとの連携で実施することが可能、今回の機能追加によりInstagramアカウントからの連携でも質問箱を作成することができるようになった。

Instagramでは質問画面を画像保存し、ストーリー機能で回答する使い方が推奨されている。しかし同社取締役の麻生氏の話によれば「投稿で回答をするケースもユーザーの中にはいる」そうで、プラットフォームにあわせた独自の使い方が今後も見られそうだ。

同社の発表によれば月間PV数は2億PV。Instagramへの展開に関しては、1月時点で本誌にも回答していた。国内でTwitterよりもInstagramをメインに活動する人々やインフルエンサーを視野に今回の機能追加を実装。#質問箱のタグなどを有効活用していく。

スクリーンショット 2018-03-06 15.02.23.png

他プラットフォームでも、たとえば中国版Twitterと言われるweiboでも既に活用されている事例がある。今後は同じプラットフォームでの展開も視野に入れていく。