Waymo、アトランタにあるGoogleのデータセンターで自動運転貨物トラックの実験を開始

SHARE:
1_uln03d1h6x0y8idgsxrq3q
トラック事業を始めた Waymo

Alphabet の自動運転車部門は、自律走行の取り組みをトラック運送の領域に広げると発表した。

Waymo は近頃自律走行車の実験を行っているが、他にも自動運転配車サービスの計画を打ち出し自動運転用ミニバンも公開した。昨年のニュースで Waymo は自動運転技術をトラックに展開させたと報じられたが、その程度についてはほとんど明らかにされていなかった。しかしようやく、アトランタで自動運転トラックのパイロット実験を開始し、Google データセンターに向けた荷物の搬送に活用することが確認された。

このプログラムは Waymo が自動運転車で学習した知見を活用するものの、公道でのトラック走行には独特の課題がある。

同社はブログへの投稿で以下のようにコメントした。

当社ソフトウェアは、数年にわたり人間が自動車の運転をしてきたのとほぼ同じ方法で大型トラックを運転する技術を学習しています。運転の原理は同じですが、ブレーキ、ハンドリング、死角などの要素は荷物満載のトラックやトレーラーとでは異なります。

1_9mdaeoy-fpxsle9usrp7pa
Waymo のトラック

このパイロット実験は、Alphabet の子会社 Google と姉妹関係にあるロジスティクス部門との協力で実施されている。これにより Waymo は、自社の技術を現実世界の環境下で試すことができる。

Waymo はこう付け加えた。

今回の実験により技術をさらに発展させ、それを荷主や配送企業の業務運営のほか、工場、配送センター、港湾、荷物ターミナルといったネットワークと統合できるようになるでしょう。

数週間前には、Waymo の自動運転が公道で500万マイルを走行したことが発表されたばかりだ。同社の自動運転車やミニバンを駆動しているソフトウェアやセンサーのほか、長距離を走行した際に収集した全てのデータも、トラック走行実験に投入されている。当然ながら、自動運転トラックは完全な自動運転車ではない。通常の自動車の場合と同じように、運転席には常にドライバーが座ることになるだろう。

今回発表がなされたタイミングも注目される。ほんの数日前には、競合の Uber がすでにアリゾナ州において自動運転トラックで貨物を配送しているというニュースが流れたばかりだからだ。そのため、Uber と Waymo は、機密情報の盗用を巡って法廷で争いをした1ヶ月後、再び戦場で対峙することとなった。ビジネスとは、そのようなものなのかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------