AppleのHomePodへの痛烈なレビュー後、Siri部門の求人が激増中

by Jeremy Horwitz Jeremy Horwitz on 2018.4.2

Appleのデジタルアシスタント HomePod の性能の悪さに対する痛烈な批判が起きたあと、Appleは最近 Siri の部署の採用を強化したことをデータ分析サイトの Thinknumが発見した。

Siriに特化した採用は、現時点で「最高記録」であると言われており、現在161のポジションが掲載されているという。この数は先月に比べて24パーセント高いものだ。

HomePodに対するレビューで声によるリクエストの処理能力のひどさが指摘された直後の2月中旬以降、AppleはSiriのエンジニアとマネージャーを新たに採用する努力を加速しているようだ。何十というポジションが2月に投稿されたが、その多くはまだオープンな状態であり、ここ最近の2日間でも20近くのSiri関連の仕事が投稿されている。

Thinknumのジョシュア・フルリンガー氏はこうコメントする。

「Siriをスマートにしようという、Appleの確固たる姿勢であることは間違いないでしょう。少なくとも、これまでよりもスマートにしよう、という考えです」。

AmazonのAlexaやGoogleのAssistant、MicrosoftのCortanaに比べると後発とみなされていることは「公然」であるというフルリンガー氏はいう。HomePodは、自宅のオートメーションタスクに対応する上で苦戦してきた。「私たちの採用データから見れば、Appleはどこを改善するべきかを理解しているのは明らかです」

Appleの求人ページには、Siri部門だけでも100以上のオープンポジションが掲載されている。AIエンジニアから、Siri関連のその他のポジションまで様々だ。ほとんどはApple Parkキャンパスでのポジションだが、他国の駐在ポジションも少数ながら含まれている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------