ギフティが総額5.84億円の資金調達を実施、ジェーシービーやトヨタ自動車との取り組みも予定

SHARE:

2018-04-02 22.55.39
ギフトサービスを展開するギフティは4月2日、ジェーシービーおよび未来創生ファンド、丸井グループを引受先とした第三者割当増資を実施したことを公表した。あわせて三菱UFJ銀行からの融資を実施しており、今回のシリーズCラウンドでの資金調達額は総額5.84億円となった。株式比率や払込日は非公開。

ギフトを軸に、オンライン上でデジタルギフトチケットを購入し、LINEやメールでプレゼントできるサービスを展開する同社。友達同士など個人を対象とした「giftee for Consumer」、企業がお客様向けに贈り物をするための「giftee for Business」、店頭で引き換えることのできるデジタルチケットの生成および販売システムの「e-Gift System」を提供している。

現在gifteeの会員数は91万人、コンビニエンスストアやコーヒーショップなど全国33000店舗以上の商品をギフトとして送ることができる。ギフト商品の平均販売価格は約600円だ。2016年5月には、電子地域通貨システム「Welcome ! STAMP」もローンチした

今後はASEANを中心とした同サービスの海外展開を視野に、調達資金をサービス開発および事業体制の強化に充当する。また、同ラウンドの引受先との新たな共同開発・事業提携も推進する意向だ。ジェーシービーとの業務提携の実施や未来創世ファンドの出資者であるトヨタ自動車と協業も予定している。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------