アマゾンのAlexaがユーザーの声の自動認識をスタート、さらなるパーソナライゼーションへ

SHARE:
Photo by Andres Urena on Unsplash

アマゾンは17日、AIアシスタントのAlexaが、ユーザーが「Alexa、Play music」と言えば自動的にユーザーの声を認識するようになることを発表した。

このフレーズを発して自動の声本人確認ができると、アマゾンミュージックのパーソナライズセレクションに役立てられる。自動ボイスIDは、Alexaのアプリの設定でオフにすることもできる。

Alexaのボイスプロファイルを設定することで、音楽を再生する、メッセージを送信する、ショッピングの際に決済を完了させる、といったときに4桁のピンコードを入力することなしにユーザーはパーソナライズされた結果を得られるようになる。「Alexa, play music」コマンドを使った際の自動声認識の効果は、アマゾンミュージックからパーソナライズされた曲を再生できることに限定される。

パーソナライズされた結果を得るために、自分の声を認識するようにAlexaに教える機能については、昨年10月に初めて発表された。以来、アマゾンはユニークなボイスプロファイルを簡単に作れるように試みていた。

ボイスプロファイルを作るためには、これまではAlexaのアプリを使う必要があったが、Echoスピーカーを使ったプロファイル作成は2月に初めて登場していた。

ボイスプロファイルを作成するのに必要とされた以前の手順は、10のフレーズをユーザーが読み上げることだった。アマゾンの広報担当者は、声を認識するために何度Alexaをトレーニングする必要があるのかについては詳細のコメントをしなかった。

音楽などのパーソナライゼーションのほか、アマゾンはユーザーがAlexaに話しかけたときの気分をよりよく理解するための取り組みを行なっている。将来、さらなるパーソナライズされた経験へとつながるようなものだ。

関連ニュースとして、開発者はAWS PollyからAlexaとは異なる8つの人間のような声を追加できるようになった。また、今月初旬には、ボイスアプリのスキル購入が可能になり、外部の開発者や事業者も米国内の何百万というAlexaのユーザーから支払いを受けられるようになった。

アマゾンのAlexaは、一家庭につき10までの声を認識することができる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------