インド最大のオンライン自動車マーケットプレイス「Droom」、シリーズDラウンドで豊田通商やデジタルガレージなどから3,000万米ドルを調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.5.18

Droom の創業者で CEO の Sandeep Aggarwal 氏
Image credit: Droom

<ピックアップ> Droom raises $30 million from Toyota, Digital Garage, others

インド・グルガオンに拠点を置く、同国最大のオンライン自動車マーケットプレイス「Droom」は、豊田通商やデジタルガレージが共同でリードするシリーズ D ラウンドで3,000万米ドルを調達した。これは、Fortune 500 企業による初のインドスタートアップに対する出資となる。今回のシリーズ D ラウンドには、アジアを拠点とする Ellison Investments のほか、中国、香港、東南アジアにある複数の機関投資家が参加している。調達した資金は、機械学習や人工知能の開発強化に投入される。

同社の現在の売上総利益は7億米ドルで、純利益は1,500万米ドル。これまでに、インド国内500都市以上にある自動車ディーラー25万社と提携している。今後の展開により、Droom の総利益は2018年末までに14億米ドルに倍増、2019年までに35億米ドルに達すると見られる。2019年末までに IPO を目指している。

豊田通商は今回、出資に加えて Droom と MoU を締結しており、Droom が持つ中古四輪車・二輪車マーケットプレイス事業の知見と、豊田通商が持つ新興国における自動車販売関連事業のアセット・知見を組み合わせることで、中古車の需要が見込まれる新興国において、中古四輪車・二輪車マーケットプレイス事業の海外展開を推進するとしている。

Droom にはこれまでのラウンドで、BEENOS、BEENEXT、デジタルガレージなどが出資に参加している。

<関連記事>

via The Economic Times

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------