会計作業ミスも人工知能が指摘、クラウド会計freeeに「AI月次監査」が追加

SHARE:

d6428-56-553915-0.jpg

会計をはじめバックオフィスの業務効率を手がけるfreeeは5月28日、人工知能(以下、AI)を活用した「AI月次監査」機能を公開した。これは同社が提供するクラウド会計ソフト「freee」上で利用できるサービスで、月次の試算表作成時に必要な監査業務をAIで自動化してくれるもの。会計事務所向けに提供される。

会計士や税理士は通常、顧問先の会計帳簿と請求書や領収書などを照合して月次の試算表を確定し、納税義務の適正や経営状況の把握を実施する。これらの一連プロセスは月次監査と呼ばれ、各種帳票類のチェックや付け合わせについては目視で実施されることも多く、非効率な側面があった。

freeeではこの課題に対し、勘定科目上で税務上ルールとの相違や作業漏れ、誤記、多額出費などの変動率が大きい箇所等の指摘をAIで実施し、アラートとして通知してくれる。これにより経理業務に不慣れな担当者が仕訳登録した場合などのミスも発見しやすくなっているとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------