ネイティブ広告配信プラットフォーム運営のログリー、東証マザーズに上場へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.5.18

東京証券取引所は17日、ネイティブ広告配信プラットフォームを運営するログリーのマザーズ上場を承認したと発表した。上場予定日は6月20日、主幹事は SMBC 日興証券が務める。

ログリーは2006年の創業。DSPサービス「Logly」、ネイティブ広告サービスの「logly lift」、コンテクスト・マッチング・レコメンデーション・エンジンの「Newzia Connect」などを提供してきた。現在販売の主力となっているのは logly lift のほか、2016年11月にリリースしたウェブメディア向けユーザエンゲージメント支援プラットフォーム「Loyalfarm(ローヤルファーム)」など。

これまでに開示されている外部からの資金調達は、VOYAGE GROUP から3億円(2015年6月)、シーエーモバイル、VOYAGE VENTURES、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから1.2億円(2013年12月)など。2015年6月の VOYAGE GROUP からの出資を受けて、ログリーは VOYAGE GROUP の持分法適用関連会社となっていた。

同社の2017年3月期の売上高は前期比約1.9倍の9億1,180万円、経常利益は4,992万円、純利益は6,352万円。株式保有割合は創業者の吉永浩和氏が30.79%、取締役の岸本雅久氏が17.98%、VOYAGE GROUP が15.24%、アイティメディアが5.36%、VOYAGE VENTURES が5.24%、シーエー・モバイルが5.18%となっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------