テイクアウトの事前注文・決済アプリ「PICKS」運営のDIRIGIOがKVP、西川順氏から数千万円規模の資金調達

SHARE:

スクリーンショット 2018-05-21 8.26.34.png

DIRIGIOは5月21日、テイクアウトの事前注文・決済アプリ「PICKS(ピックス)」をローンチしたことを発表した。また、KLab Venture Partnersおよび個人投資家のエウレカ創業者西川順氏を引受先とした第三者割当増資もあわせて発表している。調達金額は数千万規模で株式比率や払込日は非公開だ。

PICKSはテイクアウト料理を事前注文、決済することができるアプリ。ダウンロードは無料でiOS11.0以降に対応している。同アプリはモバイル&オーダーペイと呼ばれる形式で、海外ではスターバックスやマクドナルドが導入している。サービスの提供開始時に利用できる店舗数は約30店舗だ。

同社のプレスリリースによれば、中食市場は2020年には10兆円を超える規模になるとのこと。今後は利用店舗数の拡大を目指す。

----------[AD]----------