深層学習ソリューション開発のABEJA、シリーズCラウンドでVCや事業会社9社から約42.5億円を調達——海外展開と業界特化型SaaSの開発を強化

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.6.29

ABEJA Platform Partner Ecosystem について説明する、ABEJA CEO/CTO 岡田陽介氏
(2016年11月、ドコモイノベーションビレッジで撮影)
Image credit: Masaru Ikeda

ディープラーニングを活用したソリューションを開発する ABEJA(アベジャ)は29日、シリーズ C ラウンドで総額約42億5,000万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、既存株主の PNB-INSPiRE Ethical Fund、NVIDIA、産業革新機構(INCJ)に加え、SBI インベストメント、ダイキン工業、TBS イノベーション・パートナーズ、トプコン、日本郵政キャピタル、武蔵精密工業の合計9社。

今回の調達を受けて、小売・流通業界を中心に100社約480店舗(2018年2月22日現在)以上に導入されている AI 包括プラットフォーム「ABEJA Platform」について ASEAN とアメリカにおける AI 運用システムの拠点整備、業界特化型 SaaS「ABEJA Insight」について対象業界拡充のための開発、研究開発や研究開発に紐づく知的財産活動の強化、深層学習領域の専門知識を有する人材獲得に注力するとしている。

ABEJA は2012年9月の創業。Orange Fab Asia 第1期のアクセラレーションプログラムを経て、これまでに、エンジェルラウンド、シードラウンドを経て、2014年にシリーズ A ラウンドでセールスフォースから数千万円、2016年7月8月にシリーズ B ラウンドで産業革新機構、アーキタイプ、インスパイア PNB パートナーズから合計7億円を調達している。今回のシリーズ C ラウンドでの調達を受けて、これまでの推定調達合計額は50億円を超えた。

Via PR Times

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------