ブロックチェーン技術のフレセッツが3億4900万円を調達、事業者向けウォレット管理システムを公開へ

SHARE:

fressets.png

ブロックチェーン技術を研究開発するフレセッツは6月18日、UTEC(ユーテック)およびセレスを引受先とする総額3億4900万円の第三者割当増資による資金調達を発表した。公開予定の事業者向けウォレット管理システム「Bitshield」の開発やチームの採用、マーケティング活動の強化を実施する。

Bitshieldは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる事業者向けウォレット。秘密鍵の管理のために、事業者が社内に専門家を抱えなくても、各社の内部統制基準に合わせて業務フローとして導入できることが特徴。最先端技術を取り入れることで法定通貨と同等レベルの安全性を担保しつつ、可用性・スケーラビリティを確保することを可能にしてるという。

近年では、仮想通貨取引所へのハッキングによる仮想通貨流出も頻繁に発生しており、セキュリティを担保する仮想通貨ウォレットへのニーズが高まっている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録