レシート買取アプリ「ONE」、DMM AUTOと連携しサービスを再開——ガソリンスタンドのレシート限定で

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.6.18

左から:DMM 代表取締役社長 片桐孝憲氏、ワンファイナンシャル創業者の山内奏人氏、DMM AUTO 事業責任者の西小倉里香氏
Image credit: One Financial

ワンファイナンシャルは18日、先週サービスをローンチしながら、急需要によりサービスを一時的に停止していたレシート買取アプリ「ONE」のサービスを部分的に再開した。これは DMM が運営するノールック中古車査定サービス「DMM AUTO」と連携したもので、取扱レシートはガソリンスタンドでの購入に関するもののみが対象となる。給油に限らず、バッテリー交換や洗車サービスなどのみのレシート、ガソリンスタンド併設のコンビニ(G ストア)での買い物レシートも買取対象となる。

ワンファイナンシャルは当該データをユーザ情報と紐づけて収集するが、DMM に対しては、ユーザ情報やレシート画像などの情報は提供しない。ONE で買取できるガソリンスタンドのレシート上限枚数は、1ユーザにつき1日1枚まで。1枚あたりの買取価格は30円〜100円までで変動するとしており(変動要因は不明)、当初の ONE リリース時と同じく、ユーザは1ヶ月で最大3,000円が入手できる計算となる。

ONE が取得したデータを、仮に統計的に処理されたビッグデータとして DMM が手にしたとして、DMM AUTO にどのような事業メリットがあるのだろうか。ワンファイナンシャル創業者で代表の山内奏人氏によれば、DMM とはデータを通じた事業関係ということではなく、DMM AUTO の広告が ONE に出稿されるスキームということだった。DMM AUTO はガソリンスタンド利用者に ONE 上での広告を通じてブランド訴求を図ることができ、ONE はそうして得た広告料を原資にレシート買取を続けられるというわけだ。

ONE は12日にサービスをローンチし、約12時間半でユーザを3万人、買取レシート10万枚を獲得し、アプリストアランキングでファイナンス部門ダウンロード数1位となった。その後サービスを停止していたが、山内氏は自身の Twitter などでサービス再開まで「2週間だけ時間をください」と投稿していた。ガソリンスタンドに続いて、他業種についても同様の広告モデルでレシート買取サービスを再開するかどうかについては、現時点で明らかになっていない。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------