コンテンツ流通技術のPulit、シリーズAでサムスンやLINE Ventures運営ファンドから数億円を調達——エンジニアやビジネス開発人材確保に注力

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.6.26

Pulit のチームメンバー
Image credit: Pulit

【26日11時更新】LINE Ventures が運営するファンドに関する記述の一部を修正。

東京を拠点とし、動画やデジタル画像のコンテンツ流通技術を開発する Pulit は26日、シリーズ A ラウンドで資金調達を実施していたことを明らかにした。調達先は Samsung Venture Investment(삼성벤처투자)と LINE Ventures が運営するファンドで、調達金額は数億円とみられる。

これは Pulit にとって、2016年8月に実施したシードラウンド(調達金額5,000万円)、2017年6月に実施したプレシリーズ A ラウンド(当時調達金額は明らかにされていなかったが、約1億円の調達であったことが明らかにされた)に続くものだ。また、プレシリーズ A ラウンド時の調達先は実施当時明らかにされていなかったが、今回、DK Gate(デジタルガレージと講談社の JV)と電通からの調達であったことが明らかになった。

Samsung Venture Investment と LINE Ventures はそれぞれ、サムスンと LINE の CVC としての機能を持つが、今回の調達に関連しての提携内容の有無や詳細は不明。今回調達した資金をもとに、Pulit では本格的な事業展開を目指し、エンジニア(CDN、DRM、コンテンツストリーミング分野)やビジネス開発部門の人材確保を強化するとしている。

「超流通」
Image credit: Pulit

Pulit は2015年、東京工業大学出身で Samsung Electronics で研究開発に従事していた K.W Lee 氏(CEO)、フリーランスでアプリ開発をしていたキム・ミンス氏(CTO)、Slogan でファンド運営や技術アドバイザリー業務に従事していた小松尚平氏(取締役)により設立。2016年、Draper Nexus、Slogan、Coent Venture Partners、Viling Venture Partners らが共同運営するシードアクセラレータプログラム「Supernova」の第一期から輩出された(ただし、デモデイの時点ではステルスであったため公表されていない)。

Pulit の開発した「超流通」のスキームでは、コンテンツホルダーや製作者が配信したい映像を Pulit のクラウド環境にアップロードすることで、その映像のカバー画像に専用の電子透かし(Robust Image Watermark)が埋め込まれ、ダイレクトアクセスリンク(URL)が発行される。ユーザはこのダイレクトアクセスリンクをクリックすることで、パソコンやスマートデバイス上で OS ネイティブのプレーヤーが起動され映像が視聴できる。DRM 制御も機能するので、コンテンツホルダーや製作者が設定した条件に基づき、ローカル環境に動画を保存したり、再閲覧したりすることも可能だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------