オーストラリアのeスポーツトーナメントプラットフォーム「eSports Mogul」、ゲームアクセサリ大手Razerなどから330万米ドルを調達

by e27 e27 on 2018.6.22

Min-Liang-Tan-Razer
Razer 設立者兼 CEO Min-Liang Tan 氏
Credit: Razer

オーストラリア証券取引所に上場している e スポーツトーナメントプラットフォーム eSports Mogul は本日(6月18日)、シェアプレースメントで441万オーストラリアドル(330万米ドル)を調達したと発表した。発行予定枚数を超える応募が殺到したという。

新たに調達した資金は、ユーザがいつでもオンラインで e スポーツトーナメントに参加できるプラットフォーム Mogul Arena のモバイルアプリ開発に充てられる。また、積極的なユーザ獲得のためにも使われる予定だ。

シェアプレースメントとは、上場企業が株式を売ることにより、現金を調達する手法を指す。

この出資はゲームアクセサリ会社の Razer がリードし、ゲーム開発者向けソフトウェア会社 Cloud Alliance から多額の資金が投入された。

Razer の共同設立者で CEO の Min-Liang Tan 氏は、声明で以下のように語っている。

Esports Mogul と Razer は、すべてのゲーマーに目を見張るようなゲーム体験を提供するという共通のビジョンを持っています。Esports Mogul のチームがさらなる偉業を成し遂げることを大いに期待しています。成長軌道をさらに切り拓けるよう、両社は一丸となって取り組んでいきます。

また、eSports Mogul との戦略的パートナーシップを強化すると表明。 Razer のオンラインクレジットシステム Razer zSilver を世界のより多くの人に広めていく狙いだ。

eSports Mogul の株式は、15日間の平均株価である1株当たり2.27オーストラリアセント(1.68米セント)より20.55%安い、1.8オーストラリアセント(1.3米セント)で販売された。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------