CAMPFIREとセレスが資本業務提携、年内にも「モッピーポイント」でクラウドファンディングの支援が可能に

SHARE:
左から:セレス 代表取締役 都木聡(たかぎ・さとし)氏、CAMPFIRE 代表取締役 家入一真氏
Image credit: Ceres

クラウドファンディンサイトを運営する CAMPFIRE と、インターネットマーケティング大手のセレス(東証:3696)は13日、資本業務提携を締結したことを発表した。

この提携を受けて、両社は2018年中にモッピーをはじめとしたセレス運営のポイントサイトで発行されるポイントを利用して、CAMPFIRE のクラウドファンディングプロジェクトを支援できるようにする。資本提携に関する条件詳細は明らかにされていない。

2018年7月現在、CAMPFIRE に掲載されているプロジェクトは15,000件以上で、支援者数はのべ66万人以上。一方、セレスが運営するポイントサイトの会員数は350万人以上。セレスでは最近、ブロックチェーン系スタートアップへの出資を強化しているほか、自社でもポイントを現金や電子マネーなどに交換できるようにすることで、インターネット上の価値を現実世界の価値へ展開するサービスを提供している。

今回の提携により、両社では CAMPFIRE が単独でこれまでリーチできていなかったユーザ層へのアプローチが可能になるだろうとしている。

事業提携イメージ(クリックして拡大)
Image credit: Ceres

Via PR Times

----------[AD]----------