感情データ分析のEmotion Tech、セプテーニとピープルアナリティクスの共同研究開始ーー人材評価の新手法を開発へ

SHARE:

emotion.png

NPS(ネット・プロモーター・スコア)など感情データ分析を手がけるEmotion Techは7月24日、セプテーニ・ホールディングスとピープルアナリティクスに関する共同研究を開始したと発表した。両者は協力して人材のパフォーマンス評価の新たな手法の開発を目指す。

セプテーニグループではグループ全体で集積された人材に関連するデータを基に、採用や育成の強化を目的としたピープルアナリティクスの研究機関「人的資産研究所(Human Capital Lab)」を設置している。

人的資産研究所では社員個々の成長度合を定量的なスコアとして測定する方法を構築しており、研究の結果、スコアと営業成績をはじめとした複数の客観的パフォーマンスとの間には相関関係が確認できているという。

Emotion Techでは従業員エンゲージメント向上支援クラウド「Employee Tech」の開発・運営をしており、独自の感情データ解析や自社開発のクラウドシステムを活用した離職率の改善やチームの生産性向上のサポートしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録