マレーシア大手財閥Sunway Group、KK Fundと新ファンド「Sun SEA Capital」を設立——東南アジアや香港のシリーズAスタートアップ向け

SHARE:
斎藤晃一氏(右から3人目)と Sunway Group のメンバー

マレーシアの大手財閥 Sunway Berhad(双威集団)は、KK Fund の創業者である斎藤晃一氏と Kuan Hsu(徐冠華)氏と協業し、新しい VC ファンド「Sun SEA Capital」を設立したと発表した。同ファンドは最大で5,000万米ドルを調達し、東南アジアや香港のスタートアップのシリーズ A ラウンドを対象に出資する。Sunway 自身はこれまでに、500万米ドル相当に上るアーリー出資を実施している。

同ファンドは、O2O 融合、エンタープライズソリューション、物流、デジタルメディア、エンターテイメント、フィンテック、デジタルヘルス(ヘルステック)分野のスタートアップをターゲットとする。1ショットの投資規模は100〜200万米ドル。

このファンドの設立により、Sunway Group はデジタル企業各社とのシナジーへの投資を通じて、同社のデジタルトランスフォーメーションの加速が可能になる。

Sunway Group 社長のダトゥ(マレーシア称号) Chew Chee Kin 氏は、次のように語った。

この契約の締結は、東南アジアにおける事業拡大の一部として、デジタルトランスフォーメーションを加速しようとする Sunway Group の活動を現実化するものだ。Sun SEA Capital が将来、共に成長すべく東南アジア各地の新しい人材を魅了することを期待している。

Sun SEA Capital を率いる創始者の中でも、斎藤晃一氏(旧 IMJ Investment、現在の Spiral Ventures 出身)と Kuan Hsu 氏(グリーベンチャーズ出身)は、2015年にシンガポール拠点の VC「KK Fund」を設立している。インドネシアでは、KK Fund はオンライン家具販売プラットフォームの Fabelio に出資している

Sun SEA Capital は、サステイナブルな事業を築くために、IoT、AI、ブロックチェーンなどの技術への投資を通じて、Sunway Group が新しいイノベーションを創出するのを助けるだろう。(斎藤氏)

Sun SEA Capital では、出資先スタートアップを Sunway Group の既存エコシステムに参加させるなど、すぐに実現可能なシナリオを準備中だ。

我々には東南アジアでの卓越した経験がある。東南アジアにおける投資家としての経験に Sunway Group が持つ資源を組み合わせることになるだろう。(斎藤氏)

<関連記事>

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

----------[AD]----------