「民泊+マンスリー」で新法規制をクリア、matsuri technologies がAirbnbとジープラスメディアと提携

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.8.19

宿泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologiesは8月16日、Airbnb Japanとフジ・メディア・ホールディングス傘下のジープラスメディアとの業務提携を発表した。主に訪日客によるインバウンド民泊・滞在需要に対応する目的。

民泊は2018年6月に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)にて、年間の民泊日数は180日までと定められており、1年のうち半分は住宅宿泊以外の用途が必要になる。規制ハードルが高く、民泊から撤退する不動産オーナーが増加する一方、インバウンド需要については宿泊・滞在ともに高まっているという現状があるという。

今回の業務提携で3社は不動産オーナーに対し、180日までの民泊施設利用についてはAirbnbサービス、それ以上の滞在についてはジープラスメディアの提供する外国人向けマンスリー賃貸サービスを組み合わせて提案する。これにより、不動産オーナーは民泊新法に適応した形で数日から数週間の短期滞在サービスを提供できる他、残りの185日についてもマンスリー契約の物件として運用が可能になる。matsuri technologiesはこれらの宿泊情報を管理するクラウドサービスを提供する。

3社は不動産事業者やオーナーに対し、民泊事業参入希望者へのセミナーを共同開催することも計画している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------