伝統工芸職人のマーケティング支援と動画コマース「CRAFT STORE」運営のニューワールド、資金調達を実施——GMOペパボ「minne」と提携

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.8.16

ニューワールド創業者で代表取締役の井手康博氏
Image credit: Neworld

伝統工芸職人向けのマーケティング支援と動画コマースサイト「CRAFT STORE」を運営するニューワールドは16日、GMO ペパボ、SMBC ベンチャーキャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル、複数の個人投資家から資金調達したことを明らかにした。調達金額は明らかになっていないが、関係者への取材によれば、調達ラウンドはシリーズ A ラウンド相当、調達金額は数千万円程度とみられる。

これはニューワールドにとって、2015年5月実施のサイバーエージェント・ベンチャーズの Seed Generator Fund からの資金調達(シードラウンドで1,000万円)、2016年11月実施のベガコーポレーション(東証:3542)、サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、ドーガンからの資金調達(調達ラウンドと調達金額は不明)に続くものだ。

「CRAFT STORE」で扱われている商品の一例
Image credit: Neworld

ニューワールドは2013年11月に福岡市で創業。創業以来、ファッション EC への顧客誘導を図る「Guider(ガイダー)」「imanee(アイマニ)」ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」などを展開してきたが、2016年11月に、ものづくり系分散型動画メディア「CRAFT」+ EC プラットフォーム「CRAFT STORE」にピボットした。CRAFT と CRAFT STORE では、日本の職人が作る、現代風にアレンジされた伝統工芸品などのライフスタイル雑貨を扱っている。

今回の調達とあわせ、ニューワールドは GMO ペパポと業務提携を行い、GMO ペパポのハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」と協業、コンテンツの共同制作やイベント出展を行い、伝統工芸品の販路拡大を目指す。また、調達した資金を使って、CRAFT STORE の商品拡充、マーケティング強化、自社製品の販売に加え、中国をはじめとした海外市場への販路拡大に取り組むとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------