Spectee、AIアナウンサー「荒木ゆい」のAlexaスキル・モジュールをリリース——家電量販エディオンのAlexaスキルで、ニュースや天気を読上げ

SHARE:

Spectee は1日、スマートスピーカー「Amazon Echo」を通じて、AI アナウンサー「荒木ゆい」の声で音声読み上げができるモジュールを開発し、Amazon Alexa スキルを開発する事業者に提供開始した。その第一弾として、2018年8月1日より、家電量販店大手エディオンが提供する Amazon Alexa 対応スキル「ハローエディオン」のニュース読み上げサービスを、AIアナウンサー「荒木ゆい」の音声で提供を始めた。

ハローエディオンが提供する、1日3回(朝6時、昼12時、晩18時)のニュースの読み上げを、AIアナウンサー「荒木ゆい」の音声で提供することで、より人に近い自然な音声でニュースを伝える。提供するニュースは、8ジャンル(政治、経済、スポーツなど)から選択でき、各ジャンルから適時ニュースを更新する。

今年3月に正式リリースした荒木ゆいは、約10万件の実際にアナウンサーが読んでいるニュース音声を Spectee が開発した人工知能エンジンで機械学習し、さまざまなニュースのシーンにおける、より人に近い自然な発音、アクセントやイントネーションを習得し、自動で原稿を読み上げるバーチャル・アナウンサー。バックエンドには、会話の理解に IBM Watson、音声の呼び出しに HOYA の VoiceText を利用している。

Via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録