ブロックチェーン企業向けマーケットプレイスを開発するCointopia、シードラウンドで300万米ドルを調達

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2018.9.20

charles-michael-yim.jpg
(上)Cointopia の CEO、Charles Michael Yim 氏.
Image Credit: Cointopia

Cointopia は300万米ドルを調達したこと、そしてブロックチェーン企業と最上級のサービスプロバイダを結びつけるマーケットプレイスを開くことを発表した。つまり、ブロックチェーンのスタートアップを始めようとする人や、ブロックチェーンのサービスを探している大企業にとって、Cointopia Marketplace はまさに最適の場所になるということである。

サンフランシスコを拠点とする同社は評価の高いブロックチェーンサービスを多数リストに入れるとしており、その中にはアドバイザリー、ホワイトペーパー作成、PR・マーケティング、ブロックチェーン技術開発、そしてコミュニティマネジメントなどが含まれる。当然これは今後ブロックチェーンスタートアップが増えていくだろうという考えに慣れていたほうがいいということであるが、その考えはブロックチェーンや仮想通貨が旧来の金融サービスやマーケットプレイスその他多くの産業の常識を覆すことになるだろうという社会通念に基づいている。

Cointopia の CEO である Charles Michael Yim 氏は VentureBeat の取材にこう答えた。

ブロックチェーンの暗号空間は混沌としていて、世界的な規制もありません。ICO(イニシャルコインオファリング)の猛襲を受けて、今や安全なトークンへと向かいつつあります。この魔法を実現させるための規範はありません。弊社は人々を1つにするために立ち上がりました。弊社のプラットフォームでは、あなたが値段をつけたものを誰かが買い、それをレビューしてブロックチェーン上に置く、ということができます。弊社は規範となるエンドツーエンドのマーケットになりたいと考えています。

マーケットプレイスを作り上げるために、Cointopia は安全で透明性のある分散型台帳を提供するブロックチェーンを活用するつもりである。Cointopia Marketplace コミュニティ内のサービスプロバイダへの評価もまたブロックチェーン上に蓄えられ、レビューがイミュータブルかつ正確であることを保証し、これによってさらに透明性の高いエコシステムが支えられることになる。そうすると、ブロックチェーン企業はサービスプロバイダがプラットフォーム内の実際の顧客による評価を受けているということを分かった上で、自信を持ってマーケットプレイス内で舵をとっていけるようになる、と Yim 氏は述べた。

サービス会社の中で現在利用可能なのは、Hybrid Block、Sparkchain、Token Agency である。Cointopia は今後時間をかけて追加していきたいとしている。

cointopia.jpg
(上)Cointopia のロゴ.
Image Credit: Cointopia

Sparkchain のディレクター Aaron Bensoua 氏は声明の中で以下のように述べた。

今日のように込み合ったブロックチェーンの情勢の中では、起業家が直面するのはプロフェッショナルなサービスを提供する大量の企業の濁流です。そしてそれらの企業の多くはきちんと検証されていません。公式のベンダーとして Cointopia のリストに載せていただいたこと、そしてマーケットを前進させるようなプロジェクトに尽力できることに、ブロックチェーン業界をリードする企業として非常に興奮しています。

マーケットプレイスのユーザは自身のプロジェクトを管理することができ、Cointopia がプールしているプロフェッショナルなベンダーからオンライン入札を受けることができる。このベンダーはプラットフォームを通じたブロックチェーンサービスのニーズに特化している。

また、Requests for Proposals(RFP/提案依頼書)の依頼リストをアップロードすることができ、プロジェクトの情報や入札プロセスを開始する日時の共有も可能だ。

Ausum Ventures の設立者 Jeremy Gardner 氏は声明でこう述べた。

ブロックチェーン業界の新規企業に対する投資家にとっては、Cointopia のマーケットプレイスが多様なサービスプロバイダのキュレーションリストを与えてくれるので、ふるい分けのプロセスを省くことができ、自身のプロジェクトを構築するプロセスを合理化する手助けとなります。アーリーステージのプロジェクトに対する投資家としては、Cointopia のサービスプロバイダは業界での実績が保証されているという点で、安心できます。

Cointopia の投資家やアドバイザーには、Gardner、TechCrunch の設立者であり XRP Capital のパートナーでもある Michael Arrington 氏、Zynga の設立者兼エグゼクティブチェアマンの Mark Pincus 氏、eBay や Paypal のエンジェル投資家 Gil Penchina 氏、NeoGlobal Capital のファウンディングパートナー Roger Lim 氏、Ark Advisors のマネージングパートナー Richard Titus 氏、Transform Group の設立者兼 CEO の Michael Terpin 氏、BitPay のチーフコマーシャルオフィサー Sonny Singh 氏、そして Blockchain Investors Consortium の設立者 Mike Costache 氏などが含まれている。

マーケットプレイスを作る以外にも、Cointopia はコンプライアンスに従ったやり方でイニシャルコインオファリングのローンチパッドとなるプラットフォームを提供する。

以前には Breathometer を立ち上げ、Shark Tank に出演したこともある Yim 氏が言うには、ブロックチェーン技術のためのサービス開発において、開発チームが請求する額に大きなばらつきがあるという問題があるそうだ。

Yim 氏は言う。

助力を求めているプロジェクトはたくさんあります。詐欺的な人もいます。私は本物のプロジェクトのために、Cointopia を作ったのです。

Cointopia は10名の従業員を擁し、韓国とシンガポールにオフィスを構える計画だ。活動の大半はアジアにおいてであるが、そこから拡大していきたいと Yim 氏は述べた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------